1. TOP
  2. 仕事
  3. 【年収800万】手取りや仕事・家賃・平均貯金額の生活事情を大公開

【年収800万】手取りや仕事・家賃・平均貯金額の生活事情を大公開

年収800万円となれば、平均以上の年収を得ていることになります。

とはいえ、税金や社会保険料を考慮すれば、手取りはガクっと減ってしまう現実があります。

 

また、仕事が忙しければ、時給換算したときの収入は高いとは言えなくなってしまうことも。

高年収を得るために高い家賃を払っていれば、貯金額も少なくなってしまいます。

そこで、年収800万の人が、どのような生活を送っているのかチェックしてみましょう。

 

年収800万の手取り額事情について

最初に、年収800万の手取り額事情を確認します。

年収800万の場合、手取り額は世帯構成等にもよりますが、600万程度です。

専業主婦がいたり、子供の数が多かったりして控除を多く受けられれば、手取りは多めになります。

 

子供が成長して配偶者のパート収入が増えることで控除が減ったり、40歳を超えて介護保険料負担がスタートして社会保険料が増えたりすれば、手取りは減ってしまいます。

 

仮に、手取り年収600万とすれば、600万÷12か月=50万/となります。

手取り月収50万は決して少額ではありませんが、教育費や住居費など嵩んでしまえば、貯金できる額は少なくなってしまいます。

それでは、手取り額の例を見てみましょう。

 

★独身の手取り

800万-所得税約47万-住民税約43万-社会保険料約114万 = 596万(50万弱/月)

 

★専業主婦+子1人扶養(16歳)の手取り

800万-所得税約31万-住民税約35万-社会保険料約114万 = 620万(50万強/月)

 

年収800万割合はビジネスパーソンの2!?

年収800万を達成できる人はどのくらいいるのでしょうか。

年収800万から900万の人の割合は、リクナビNEXTジャーナルの調査結果によれば、「2」。

 

年代別では40代、50代が中心となっています。

年齢が上がるほど年収800万に到達する可能性が高いことがわかります。

 

仕事(職業)は?

年収800万台の人は、IT金融系インフラ系の職業についている割合が高いです。

人材不足が叫ばれている業界や、成功報酬が多くもらえる傾向がある業界が中心となっています。

仕事に対する需要の多さが、高年収につながっていると言えますね。

ただし、夫婦共働きであれば、事務職等でも世帯年収800万の達成が可能です。

 

苦しい税金について

年収が上がれば上がるほど、税金の支払額も多くなっていきます。

特に、所得税は累進税率のため、年収が上がれば税率が上がり、課税額の増加ペースが速くなってしまいます

 

では、年収800万の人にはどのくらいの税金が課せられるのでしょうか。

ここでは、年収800万のサラリーマンと仮定して、所得税額を計算してみましょう。

 

給与所得控除額:200万円

社会保険料控除額は年収の14.22% = 114万円

基礎控除額38万円を考慮すると、

課税所得は800万-(200万+114万+38万)448万

 

独身でその他の控除もない場合は、

448万×所得税率20%-約42.8万 = 46.8

の所得税が課税されます。

 

所得税のほかにも、多くの自治体では課税所得の10%相当の住民税が課せられます

配偶者控除38万円と16歳~18歳の扶養控除38万円もあると考えれば、課税所得は372万円に減ります。

 

所得税の課税額はそれでも372万×20%-約42.8万 = 31.6と決して少なくありません。

税金は生活レベルに影響を与えてしまいます。

住宅ローン控除を利用するなどして、節税に努めましょう。

 

年収800万の平均貯金額

税負担の重さを考えると、なかなか貯金できないのでは、と考える人もいるでしょう。

そこで、年収800万の平均貯金額を見てみます。

 

年収800万の平均貯金額は、一般的に1472万円とされています。

1,000万円以上の貯金ができていることから、決して貯金額が少なくないことがわかります。

 

もっとも、年収800万に到達しているのは、社会人年数が長い40代~50代が中心。

若いころから長い期間をかけてコツコツ貯金を積み上げてきたと考えれば、1か月あたりの貯金額はそれほど多くありません。

大企業に勤めていれば、老後の年金等の不安も小さくて済みます。

1,000万以上の貯金があれば安心して生活ができます。

 

仮に25年かけて年収800万の平均貯金額1472万円を積み上げたとすれば、年間貯金額は1472万÷25年=約59となります。

月々5万円をやや下回る貯金を続ければ到達できるラインですね。

 

年収800万の手取りは月々約50万とご紹介しました。

若いうちは年収が800万より低いことを考えると、手取りの1割~2割程度を貯金に回していけば25年で1,000万超の貯金をすることができるでしょう。

 

年収800万の家賃とは

高年収を得るためには、通勤に便利なマンションや戸建てに住むことが望ましいですよね。

高年収家庭として子供に高い教育を受けさせるとなれば、人気の私立小学校近辺エリアに住むケースもあるでしょう。

 

年収が高ければ、それだけ家賃も高くなりがち。

では、年収800万の家賃はどのくらいなのでしょうか。

 

一般的に年収800万の独身の人の場合、13万~15万程度の家賃を十分に支払うことが可能

利便性の高いエリアのワンルーム等に住んでもよいですし、30分程度の通勤を許容できるなら、郊外の少し広めの物件を狙うことができそうですね。

 

結婚して育児がスタートすると、養育費がかさみます。

支出を抑えて貯蓄を確保するためにも、家賃は10万円前後に抑えたいところです。

都心部の物件で家賃が10万円前後のところはほぼありませんから、通勤時間が伸びることは覚悟する必要があります。

 

どうしても都心部に住みたいなら、住宅ローン控除等の恩恵を受けるためにマイホーム購入を検討してもよいでしょう。

コツコツ貯金に加えてボーナスを極力使わない等の努力を重ねて、頭金を準備しておくようにしましょう。

 

年収800万の生活費の内訳

高年収と言える年収800万ですが、果たしてリッチな生活を送ることができているのでしょうか。

年収800万サラリーマンが、専業主婦と子供1人の3人家族で生活する場合をモデル世帯とし、生活費内訳をチェックしてみましょう。

 

収入 手取り 50
支出 家賃 月12.5
食費 月5
水道光熱費 月2
通信費 月2
教育費 月10
趣味・レジャー費等 月5

 

支出のうち、モデル世帯の多くで発生しそうな目安費用を挙げています。

列挙した支出を合計すると、36.5となります。

このほか、保険費用や自動車費用などがかかるケースが考えられます。

仕事関係を含めた交際費が多かったり、家賃が高かったりすれば貯金できる額は限られてしまいます。

 

もっとも、子ども都立に通わせるなど、教育費を抑えることは可能です。

投資をして副業収入を得ることも検討できますよ。

 

年収800万あればすべてにおいてリッチな生活を送ることは難しくても、ポイントを絞っての贅沢な暮らしは可能と言えるでしょう。

簡単なものでよいので家計簿をつけて、自分の世帯でどれくらい支出を削減できるか考えてみましょう。

 

年収800万の人が車を買うならコレ!

年収800万で郊外に住めば、家賃が節約できる分、上質な車を買いたいものです。

では、年収800万オススメの車を見てみましょう。

 

日本の大手自動車メーカーであるトヨタ車なら、タクシーにも使われることが多いクラウンがオススメです。

乗り心地や車両設備も優秀ですし、ステータスにもなりますよ。

輸入車なら、アウディのA3セダンが候補に挙がります。

外車の中ではサイズが小さめなので、狭い道路を通ることが多い場合でも活躍してくれますよ。

 

貯金ができない!?その理由は「マート主婦」かも...

年収800万あっても、なかなか貯金できない、という世帯もありますね。

貯金できない理由は「マート主婦」にあるかもしれません。

 

「マート主婦」とは、光文社の雑誌「Mart」に触発されて消費を拡大する主婦に由来する言葉です。

Martに限らず、「ちょっとランクが高いもの」についつい手を伸ばしてしまいがちな主婦がマート主婦です。

 

マート主婦になると、少しずつの贅沢が積み重なって、支出が多くなりすぎます。

年収800万世帯でも贅沢が重なることで、家計が赤字になることも考えられます。

かつて高年収だった女性が、子育て開始を機に退職すると、高年収時代の感覚でマート主婦になってしまうこともあり得ます。

 

年収800万あるのに貯金ができないと感じている場合は、奥さんがマート主婦になっている可能性をチェックしてみましょう。

 

年収800万でリッチな生活はポイントを絞って!

年収800万世帯では、税金を加味すると手取り額は年600万程度

月々50万程度が手元に残るので、家賃や教育費などにある程度多めの支出をすることが可能です。

 

実際、年収800万世帯の平均貯蓄額は1,000万を超えています。

しかし、マート主婦などが原因で貯金ができなくなることも考えられます。

リッチな生活をしたい場合はポイントを絞って、贅沢をしましょう。

 

贅沢のしすぎは禁物

しっかり年収800万の年収の実情を把握して、豊かな生活を送りましょう。

 

まとめ

・年収800万なら手取りは月約50万

・累進税率の所得税額が軽視できない

・平均貯金額は1,000万超

・40代~50代に年収800万台が多いことが高額貯金の背景

・すべてにおいてリッチな生活は困難

・ポイントを絞った積極支出は可能

・お金の使い方次第では貯金ができないことも

\ SNSでシェアしよう! /

投資から副業、保険や税金対策まで社会人の必須お役立ち情報発信基地/outpostの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

投資から副業、保険や税金対策まで社会人の必須お役立ち情報発信基地/outpostの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

outpost 編集部

関連記事

  • 給与の手取りは?年収1300万の人口割合と住宅ローン相場を解説

  • 【病院・薬局・他】働く場所で違う?薬剤師の気になる年収を徹底比較

  • 【いくら必要?】アーリーリタイアを成功させるための資金・貯金額

  • lsiメディエンスの評判は?気になる年収と職場環境をリサーチ

  • 身近な壁|NHKスペシャル「老人漂流社会」にみる老後破産の現実

  • 男性・女性で高収入業種に違いはある?職業別年収ランキング