1. TOP
  2. 投資
  3. 競艇や株式投資で生活は可能か?人気ブログからその実態を追跡

競艇や株式投資で生活は可能か?人気ブログからその実態を追跡

投資
この記事は約 9 分で読めます。

働かずに大きな収入を得たい、と考える人は少なくないのではないのでしょうか。

毎日満員の通勤電車に揺られて会社に出かけ、忙しく1日が過ぎてしまうよりも、好きなことをしてお金を稼げたら嬉しいものでしょう。

 

自由なお金の稼ぎ方には、競艇や株式投資という方法がありますが、実際に生活できるほどの収入を得ることは可能なのでしょうか。

 

副業として、メインの仕事を持ちながらチャレンジを続ける人は多いですが、なかにはそれで生計を立てている人も存在するのです。

 

ここでは、競艇や株式投資で生活する人の人気ブログを参考に実態を紹介します。

 

競艇で生活は可能か?

 

競艇とは、ボートレースとも呼ばれ、6艇で競われる競技です。

公営競技のなかで最も少ない出走数であることから、着順が当たる確率が最も高いとされています。

 

この点からすれば、競馬や競輪で生活しようとするよりも希望が持てるように思えますが、必ず成功するとは限りません。

 

しかし、実際に競艇を利用して生計を立てている人がいることも事実です。

まずは、実際に稼いでいる人の状況をチェックしてみましょう。

 

競艇で生活している人の人気ブログから考察する

人気ブログを参考にすると、競艇で生活をするには次のような生活スタイルを送る必要がありそうです。

 

まず、前日に次の日の全会場の予想を立て、その中から当たりそうな会場を選び、翌日朝一番で全レースの舟券を購入します。

 

予想の立て方としては、スポーツ新聞を購入して情報を参考にする方法もありますが、何社もあるだけでなく、それぞれ予想が違ってくるため、迷ってしまうことも多いでしょう。

経験や勘によって予想を立てると、どうしても偏りが出て、結局当たらなくなってしまいます。

 

他の方法としては、パソコンを使った自動予想があり、あらゆる情報をもとにして自動計算を行って予想を立てるというものです。

 

競艇投資で生活するために必要な最低額

競艇投資で生活しようと考えるなら、まず元手となるお金が必要です。

しかし、すぐに勝ちが出て高い回収率が期待できるとは限らないため、生活費とは別に競艇投資用の資金を用意しましょう。

 

その金額内で経験を積んでいき、次第に回収率が100%を超えるようになってくれば競艇で生活することの期待が持てるようになるはずです。

余裕がなければ、情報収集をして検証し、予想を立てて結果を得るという流れにチャレンジし続けることは難しいでしょう。

 

そのため、初めのうちは最低限の生活費を別で用意した上で、競艇投資を行っていきましょう。

ある程度生活費が十分に用意でき、競艇のための資金がしっかりと準備できていれば、競艇で生活する方向へシフトしても良いといえます。

 

株式投資で生活は可能か?

株式投資とは、株を買って資金が増えるよう運用していくことです。

株式を売ることによって差益を儲けたり株主優待券でお得なサービスを受けたり、そして配当金が受け取れるというメリットがあります。

 

保有する株式の数が膨大になれば、それに対して配られる株主優待券も豊富になり、少しずつの配当も積もっていけば大きな稼ぎになるのです。

預金の金利が非常に低くなっているので、それよりも株を買った方が儲けは大きくなると期待できますが、必ずその通りになるとは限らないリスクもあります。

 

また、預貯金とは違って元本割れをする可能性もあり、投資した金額が大きく減ることも考えられるのです。

ちなみに、株式投資を行うにはそのための口座開設が必要になります。

 

基本的な株式投資の知識をいくつかご紹介しておくと、まずは信託報酬があります。

 

信託報酬とは、投資信託を管理運用してもらっている間はずっと支払わなくてはならない報酬のことです。

支払うとはいっても、別で現金を用意するものではなく、信託財産の中から総資産の何%という形で差し引かれる形になります。

ちなみに、一般的には年0.5~2.0%程度が多くなっています。

 

そして世界経済インデックスファンドとは、日本を含めた世界各国の株式・債券で構成されている投資信託のことを言います。

各国のGDPによって構成比率が調整されており、インデックス型で手数料も安いところがメリットです。

 

またバランス型投信とは、バランス型投資信託のことで、バランスファンドとも言われます。

投資信託に含まれる株や債券の資産の割合が、バランスよくとれていることが特徴です。

そのため、リスクの分散ができるというメリットがあります。

 

最後にeMAXISバランスとは、それぞれの投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果を目指した運用を行うものです。

さらにわかりやすく説明すると、資産運用をする時に難しい資産の選択や資産構成のメンテナンスを行わなくて良いため、投資初心者でも始めやすい投資方法と言えるでしょう。

 

このように、メリットもデメリットもある株式投資ですが、実際に投資によって生計を立てている人もいます。

一言で株式投資といってもとてもたくさんの方法があるのです。

 

やみくもに知識を持たないまま始めるよりも、まずは実績ある経験者の情報を参考にしてみましょう。

 

株式投資で生活している人の人気ブログから考察する

株式投資を行っている人気ブロガーのブログを見てみると、例えば午前と午後の取引についての解説が書かれていたり、その時の株価の移り変わりグラフが掲載されています。

その日に行った取引を書いたものや、この先の変化を予測したものなどが書かれていますが、とにかく頻繁に株取引を行っているような印象を受けます。

 

しかも、人気ブログで初心者向けは少なく、ある程度株式投資に対しての知識や経験がある人に向けて書かれています。

そのため、株を始めるならやはり周辺の専門用語などを勉強する必要があることがわかります。

 

チャートを見極めて、ちょうどよいタイミングで株を売る、という行為を繰り返すことで利益を上げる株式投資。

しかし、投資信託にしておけば手数料を支払う代わりに株式の売買を行ってくれるため、忙しい人でもチャレンジしやすいものとなっています。

 

ただし、投資信託を選択する場合も、必ず毎月必要な分のお金を稼ぐことができるとは限りません。

投資信託を利用してしっかりと儲けを出していくには、株式投資と同じようにそれなりの元手が必要になります。

 

株式投資で生活するために必要な最低額

投資家の多くは本業を持っている副業投資家ですが、株式投資で生活をするには、まず生活費を別に用意しておくことが必要になります。

生活費を投資に使ってしまうと、運用が失敗した時に必要なお金を払うことができず、困ることになるでしょう。

 

まずは株主投資用のお金を別で用意して、それで投資を行って運用し、利益が出たらまた投資に回して投資用の資金を増やしていきましょう。

元手が大きくなるほど利益も大きくなっていくため、儲かったからといってすぐに使ってしまわず、さらなる投資に回すことがポイントです。

 

はじめにまとまったお金がない時は、少しずつ貯金して用意することが重要です。

 

なかなか貯金が難しいという場合には、家計再生コンサルタントに相談する方法があります。

家計再生コンサルタントとは、お金の金額だけに目を向けるのではなく、使い方に着目してよりよいお金の使い方のアドバイスを行っている専門家です。

 

そのため、収入に対する消費・浪費・投資の割合をチェックして、今まで見えてこなかった無駄遣いを調整して投資に回すお金を増やします。

こうすることで、使うお金は減っても満足感の得られる使い方ができているために、投資用のお金を用意しながら普段の生活が叶います。

 

元手と運用益はいくら必要なのか?

株式投資で生活するために必要な元手は、運用の仕方次第でどのくらいの運用益があがるか変わってくるため一概にいくらと言うことはできません。

 

しかし一例をあげておくと、株式投資で稼ぐことのできる運用益の目安は投資額の20%という意見があります。

すると、ひと月に50万円欲しいと考えるのなら元手には250万円が必要になるでしょう。

 

株式投資で暮らしていくためには、まず今毎月どれだけの支出があり、そのためにいくらの収入が必要なのかを把握することから始めましょう。

 

副業としての株式投資ではなく、本業にしようとする時は、もし運用益が目標を下回ってしまった場合でも対処できるように、ある程度の生活資金の準備ができてからが安心です。

 

投資だけでの生活を目指して準備しよう

競艇や株式投資で生活が可能かは、簡単にまとめると、経験や知識があればできる可能性もあるということになります。

競艇の場合、運任せのようにも見えますが、あらゆる条件から当たりを見いだせるようになるための地道な情報収集が欠かせません。

株式投資の場合は、売買のタイミングを把握するためのテクニックが必要になります。

 

そして、どちらもはじめるにはその元手となる資金を準備しなくてはなりません。

生活費以外で自由に使える投資用のお金がまとまって、準備できたところでのスタートが安心ということがいえます。

 

まとめ
・実際に競艇や株主投資で生計を立てている人もいる
・ある程度の生活費と投資資金が準備できていれば投資で生活することもできる
・競艇にも株主にも知識や経験、テクニックが必要

\ SNSでシェアしよう! /

投資から副業、保険や税金対策まで社会人の必須お役立ち情報発信基地/outpostの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

投資から副業、保険や税金対策まで社会人の必須お役立ち情報発信基地/outpostの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

outpost 編集部

関連記事

  • 【ビットコインとは?】今更聞けない仕組み・相場・チャートを解説!

  • 【初心者は必見!】株式投資と不動産投資におすすめの本ランキング

  • 【違いが理解できる】初心者は投資する運用会社をどこに任すべきか?

  • これで積立投資のリスクを回避!投資信託おすすめ比較ランキング

  • 投資初心者が知っておくべき基礎知識!失敗しない投資信託の選び方

  • 投資のリスク?良い投資案件を見極めるために大切なポイントとは