1. TOP
  2. お役立ち
  3. SIMフリースマホおすすめランキング|価格と性能を徹底比較!

SIMフリースマホおすすめランキング|価格と性能を徹底比較!

 2018/07/17 お役立ち
この記事は約 10 分で読めます。

近年、格安SIMが登場したことにより、SIMフリーモデル(SIMロックフリーモデル)のスマホの利用が手軽になってきています。

(格安SIMの種類にはデータSIM・SMS機能付きSIM・音声SIMの3種類があります。)

 

格安SIMカードを利用することによって、従来のSIMカードに比べて、通信業者に払う月額料金が安価なものにすることが可能。

ソフトバンクSIM対応SIMフリースマートフォンもあり、最近は2台ちも人気です。

 

また、SIMフリー端末(LTEモデル)は、私たちがタブレットを屋外で使用する際に高速でLTE通信を楽しめるため、タブレットの利便性を飛躍させるものとなります。

 

そこで、今回の記事ではSIMフリースマホに焦点をあて、価格と性能についてご紹介していきます。

 

格安スマホとSIMフリースマホは同じもの

格安スマホとSIMフリースマホは、どちらとも同じ意味です。

普通のスマホとの違いを知るために、SIMフリーの意味やSIMフリー端末をもつ上で知っておくべき白ロムと赤ロムを紹介します。

 

SIMフリーって何?

SIMフリーとは、スマホに挿し込むSIMカードがロックされている状態ではなく、ご自身の好きな通信業者のSIMカードを利用できる状態のことを指します。

ちなみに、SIMカードスロットにSIMカードが挿し込まれていない状態の携帯では、ネットや通話機能の利用はできません。

 

かつては、大手キャリア(au,softbank,docomo)の販売していた携帯は、SIMロックがかかっており、契約キャリアのみでしかSIMカードを利用できませんでした。

しかし、2015年5月以降SIMロック解除が義務化されたため、他社のSIMカードを利用することが可能になり、格安スマホに乗り換える方が続出したのです。

 

白ロムと赤ロム

白ロムとは、SIMカードが挿入されていないスマホ端末のことを指し、主にリサイクルショップで販売されています。

白ロムはSIMフリーの携帯に比べて安価で手に入れることができますが、SIMロックがかかっているため、携帯端末と同じ通信会社のSIMカードのみしか利用できません

 

赤ロムとは、窃盗・詐欺・不正契約などの正規端末ではないものや残債(分割料金の未払い)がある端末のことを指し、キャリア側からネットワークの通信制限をかけられてしまっています。

 

しかし、白ロムが購入後赤ロムに変わる恐れもがあります。

赤ロムに引っかからないように、店頭で白ロムを購入する際は、細心の注意を払うようにしてください

日本正規代理店品で購入するのがいいでしょう。

 

SIMフリースマホにはどんな良さがある?

SIMフリースマホには、通信料が安くなる以外にもさまざまなメリットが存在します。

しかし、大手キャリアにはないネックもあるのです。そこで、SIMフリースマホのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

SIMフリースマホのメリットとしては、

  • 月額料金が安くなる
  • 2年契約に縛られない
  • 海外でもSIMカードを入れ替えれば利用可能

という点が挙げられます。

 

大手キャリアであれば、月7,000~8,000円かかるのは当たり前ですが、格安SIMに乗り換えれば、携帯料金を月2,000円台に抑えることも可能です。

また、大手キャリアのように2年縛りがないため、気軽に他社のSIMカードに乗り換えることができます。

 

仕事や旅行で海外を訪れる際は、SIMチェンジを行えば、お持ちの端末でネットワークの通信利用が可能です。

 

保証がないのが難点

上記で挙げたように、さまざまなメリットがある格安スマホ。ですが、大手キャリアのように手厚い保証を受けられないのがネックです。

 

大手キャリアであれば、全国各地に店舗があり、携帯に不具合が生じた場合は店頭でサポートを受け付けてくれます。

しかし、格安スマホ(楽天モバイルなど)の場合は店舗自体が少なく保証サポートが受けにくい状況です。

ただ、格安SIMを取り扱っている通信業者でもメール・電話でのサポートは行っています。その点はご安心ください。

 

SIMフリースマホの選び方

では、どういったことで端末を選べばいいのでしょうか。

SIMフリー端末の選び方としては、搭載OS・防水やおサイフといった性能、ディスプレイの大きさなどを元にご自身のスタイルに合わせて総合的に判断する必要があります。

 

性能で比較

・搭載OSで選ぶ

SIMフリースマホには「iOS」と「Android」があるため、ご自身の好みに応じて選択するようにしましょう。

「iOS」はiPhone(iPhoneにはキャリア版とSIMフリー版があります)に搭載されているOS。

初心者でも簡単に操作を行えて、Apple IDを使えばApp storeでさまざまなアプリをダウンロードできます。

(iPhone向け格安SIMを使うようにしましょう。)

一方、「Android」は価格が比較的安価。

そして、ビジネスシーンやプライベートシーンで重宝するGmailやGooglemapのアプリが使えます。

 

・防水やおサイフといった性能で選ぶ

風呂場でスマホを利用される方は、万が一水に濡れても大丈夫なように防水機能付きのスマホがおすすめです。

また、現金やカードの持ち運びが煩わしい方は、おサイフ携帯の購入を検討しましょう。

おサイフ携帯とは、その名の通り電子マネーの決済を行ったり、ポイントカードの管理ができる携帯のことを指します。

 

・ディスプレイの大きさで選ぶ

店頭では、4インチ~10インチといったさまざまなサイズのスマホが販売されていますが、現在の主流は、5インチ~5.5インチほどです。(このサイズの大きさは操作性に優れています。)

コンパクトで片手操作を楽に行いたいという方は、4インチ~4.5インチのスマホを選ぶことも検討しておきましょう。

 

おすすめのSIMフリースマホランキング

SIMフリースマホには、広角カメラのものやメモリ(容量)に優れているもの

他にも、バッテリー容量・ストレージ容量に長けているもの、格安SIMとのセット購入で安くなるもの、安価格バッテリーのものなどスマホごとにさまざまな特徴が存在します。

また、SIMフリースマホを購入する際は、最新価格や発売日などの(最新)情報を考慮する必要があります。

 

おすすめのSIMフリースマホは、ASUS SIMフリースマートフォンZenfone

 

そこで、今回は機能に申し分のないSIMフリースマホを紹介します。

 

防水やおサイフケータイも使える「シャープAQUOS」

シャープAQUOSは防水機能付きのため、画面が濡れても問題ありません。

おサイフケータイ機能付きなので、電子マネーでの決済も簡単です。

キャンペーンなどによって価格は異なりますが、ネットではだいたい31,880円(税抜)前後で販売。

ディスプレイは高画質で繊細かつ鮮やかな色合いを保って、シャープの持ち前の本領を発揮しています。

高精細フルHD IGZOも搭載されています。

 

カラーは

  • SIMフリースマートフォンブラック
  • SIMフリースマートフォンホワイト
  • SIMフリースマートフォンゴールド
  • SIMフリースマートフォンターコイズ
  • SIMフリースマートフォンピンク
  • SIMフリースマートフォンレッド
  • SIMフリースマートフォンブルー

の7色。

ご自身の好みに合わせて選ぶことができます。

 

フルディスプレイが魅力「ファーウェイHUAWEI Mate 10 lite」

ファーウェイから発売されているこの商品は、カメラが合計4つ(前面【フロントカメラ】と後面【バックカメラ】にデュアルレンズカメラあり)付いています。

鮮やかかつ精細な写真を撮ったり動画を撮影することが可能です。(メインカメラは1,600万画素 + 200万画素、インカメラは1,300万画素 + 200万画素となっています。)

また、カメラの調整機能もしっかりしているため、写真や動画で写したいもののボケを防止して撮影することもできます。

 

チップセットには、Kirin 659チップセットが使われており、快適かつ高速の操作性を実現。

 

ファーウェイには、HUAWEI Mateシリーズである「ファーウェイHUAWEI Mate 10 lite」や、HUAWEI SIMフリースマートフォンHUAWEI Pシリーズなど、合わせて3つの携帯のシリーズモデルがあります。

  • HUAWEI Mateシリーズ HUAWEI SIMフリースマートフォンMate S など
  • HUAWEI SIMフリースマートフォンPシリーズ HUAWEI SIMフリースマートフォンP10など
  • HUAWEI Novaシリーズ HUAWEL SIMフリースマートフォンNova lite など

 

LTEバンド21、ドコモ特化モデル「VAIO Phone A」

「VAIO Phone A」は、VAIOから発売されているOS「Android」搭載のスマホです。

Googleアカウントと紐づければ、GmailやGoogle Calenderのような日常生活でも使える機能も利用できます。

また、Microsoft・Word・Powerpointといったビジネスアプリも使用可能です。

 

デザインやボディにもこだわっており、スマホ表面はアルミニウムと強化ガラスで囲まれ強固な耐久性を誇っています。

また、アクセサリーも充実。

保護ガラス・保護フィルム・保護ケース・保護プライバシーフィルム・保護プライバシーケースといったものをセットで装着することで、スマホの耐久性やプライバシー性を高めることができます。

 

ビジネスオンリーなら中古もアリ!

皆さんの手元にある中古のスマホであっても、機種によってはSIMロック解除を行い、SIMフリー端末にできる可能性があります。

 

中古スマホはSIMロック解除でSIMフリーになる

現在使っている、または中古スマホはSIMロック解除でSIMフリーにすることができます

しかし、注意する点があります。

基本的に中古のスマホでSIMロック解除を行う場合は、大手キャリア3社(au,softbank,docomo)すべてにおいて2015年5月以降に販売された機種のみです。

(auにおいては、2014年12月〜2015年3月の間のVoLTE対応機種はSIMロック対応機種となります。)

 

大手キャリア3社とも、本人の購入履歴がある場合のみSIMロック解除が可能です。

携帯の契約条件には、注意を払ってSIMロック解除を行うようにしましょう。

 

スマホとSIMのマッチングを事前に確認

前述したように、スマホのSIMロック解除を行うことで他の通信業者の格安SIMを使用できます。

ただ、格安SIMを契約した後に携帯を使えないという事態さけるため、必ず契約されている携帯会社や格安SIMの通信業者に確認を取るようにしましょう。

 

「SIMフリースマホなら格安で高性能機種をGETできる」

SIMフリー端末のスマホを購入すれば、海外でも使用可能です。

どのMVNOケータイやスマホに電波を送るための基盤を、他社から借り受けてサービスを提供する事業者にも対応可能となります。(SIMフリー端末の中にはデュアルSIM対応のものもあります。)

 

また、中古のスマホであってもSIMロック解除を行えば、SIMフリー端末となり格安SIMを利用できる可能性があります。

ご自身がもっているスマホが、SIMロック解除を行えるものかどうか一度確認してください。

SIMロック解除を行うことで通信料の削減をしつつ高性能なスマホを使用できるようになるのです。

そこでは対応SIMサイズに注意しましょう。SIMカードと本体を同時購入することによって、安くなることもあります。

 

充電器でしっかり充電して、自分の好きなようにSIMフリースマホを使いましょう。

まとめ
  • SIMフリーとはSIMカードがロックされてない状態
  • 中古スマホには白ロムと赤ロムがある
  • 赤ロムはキャリアから制限を掛けられることも
  • 格安SIMに乗り換えれば、月額料金が大幅に下がる

\ SNSでシェアしよう! /

投資から副業、保険や税金対策まで社会人の必須お役立ち情報発信基地/outpostの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

投資から副業、保険や税金対策まで社会人の必須お役立ち情報発信基地/outpostの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

outpost 編集部

関連記事

  • 【平均年収ランキング】優良企業&職業TOP100を大公開

  • 【株式・不動産】投資初心者におすすめの勉強本5冊を紹介!

  • 40歳で貯金5000万以上持つ人はその割合と老後に必要な運用方法

  • 世界一給与の高い企業は?|世界水準で見る社員の平均年収ランキング

  • 【日経平均株価とは】リアルタイムチャートが表すのは日本の景気?

  • モエヘネシー・ルイヴィトン(LMVH)の年収|新卒入社のケースも